やや辛口

今日は中学2,3年生の授業がありました。

今回の全国模試の得点を見ていたのですが…少し不安になりました。

やはり全国模試のレベルに対応するにはやや厳しいみたいで、

特に数学は一次関数がさっぱりでした…

中間考査や、期末考査で高得点を出している人もいましたが、模試の問題となると今一つの結果の人もいました!

そのため、今日は授業を進めずに、少し早いですが月末の自己診断テストを想定して復習をしてもらいました

すると、案の定簡単な一次関数が解けていない人や、図形の面積、体積が出せていない人もいました!

なかでも、おうぎ形の面積を求める問題が出来ていない人が目立ちました!

おうぎ形の面積や、円周を求める公式を「覚えていない!」という人も多くいますが、

「小学生のときに学習した円の面積や、円周を求める公式を覚えていさえすれば、新しく覚えるまでもないよ!」

と口酸っぱくなるほど中学1年生のときに言ったはずですが、出来ていませんでした…

また公式を覚えていないならば公式を使わずに求める解き方(比を用いた解き方)をすればいいはずですが、比を用いた解き方をしている人はほぼ皆無でした…

かなりショックです…

自己診断テストに向けて私も頑張ります!!

それから、中学3年生は答えの書き間違いがひどかったです!

1~4で答えなければならないのに、なぜかアルファベットを書いている人や、

イオン式、漢字指定にも関わらず、指示に従えていない人

国語の書き抜き問題で、本文通りに記述できていない人…など本当に多かったです!


人間なのでミスはしてしまいますし、見落としもあります!

しかし、テスト中の様子を見ていると、今回のミスの大半は防げていたと感じずにはいられません!

解き終わったあと見直しをせず暇そうに時計をボーっと眺めている人や、

腕を組み下を向いてひたすら時間をつぶしている人がいました…

「解き終わった人は見直しをしなさい!」と言い続けていたにも関わらず、結局見直しをしてもけだるそうに見直しをするだけでした…

点数を取ることにもっとこだわってほしい!!

自分の進路のことに真剣になれない人が、高校生、大学生、社会人になった際に、真剣に取り組めるとは到底思えない!!


私は個別指導塾の優しい大学生の講師とは違います!!

以前もこのブログでお伝えしたかもしれませんが、

私は生徒から嫌われても、尊敬されなくても、恨まれても構いません!

私の仕事は、合格発表の日に泣く子を一人でも多く減らすことだと思っています!

そのため、生徒から嫌われても、尊敬されなくても、恨まれることを覚悟で、言わなければならないことは言わせてもらいます!!

また、普通科に進む生徒は特に、中学生の学習内容が不十分な状態で高校生になって勉強で困って欲しくない!

だからこそ、今日はいつもよりやや辛口で話をさせてもらいました!

生徒側からすると嫌だったと思います。不快だったと思います。

しかし、心を鬼にして今日は話をさせてもらいました!

近年稀にみるほど勉強が嫌いな受験生ではありますが、受験に向けて今一度気を引き締めてもらいたいです。

Follow me!

前の記事

遠方より…

次の記事

最後の金曜日…